サッカー日本代表は、8月31日のオーストラリア戦で快勝し、ワールドカップ(W杯)ロシア大会への出場を決めました。指揮を執るバヒド・ハリルホジッチ監督(65)の左胸には、なんと熊本県のPRキャラクター「くまモン」のピンバッジが輝いていました。ネット上では、このことを賞賛する声が広がっています。

ハリル監督、胸に「くまモン」 W杯決めた豪戦 熊本復興へ思い(熊本日日新聞)

ハリルホジッチ監督は熊本地震の被災者激励のため、昨年5月に益城町などを訪れています。熊本県庁で蒲島郁夫知事からくまモンのピンバッジを贈られていました。

知らない人は、なんでハリル監督の胸に「くまモン」なのか首をかしげたでしょうが、その理由を知っていれば勝利の感動も増幅されたことでしょう。

 


スポンサードリンク