肥後交通がロールスロイスのファントムをタクシーに導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

熊本市の肥後交通グループが、オプションを含めて約6500万円の高級車メーカー「ロールスロイス・モーター・カーズ」の旗艦車ファントム1台をタクシーとして導入しました。2019年に県内で開かれる女子世界ハンドボール選手権やラグビーワールドカップ(W杯)で来熊する要人の送迎需要などを見込んでいます。

ファントムは、英王室のエリザベス女王の公用車として知られています。車名が意味する幽霊の名の通り、静かでスムーズな乗り心地が特徴です。

料金は、指定配車料金7万円と貸し切り料金が1時間当たり5700円で、最大3人まで。今年1月から営業運転を始めます。

肥後交通グループが導入した超高級車「ファントム」

肥後交通グループが導入した超高級車「ファントム」=熊本市中央区

 

乗ればあなたもVIP 肥後交通、タクシーにロールスロイス(熊本日日新聞)

タクシーの保有台数が県内最大の肥後交通グループ(熊本市中央区)が、英高級車メーカー「ロールスロイス・モーター・カーズ」の旗艦車ファントム1台をタクシーとして導入した。2019年に県内で開かれる女子世界ハンドボール選手権やラグビーワールドカップ(W杯)で来熊する要人の送迎需要などを見込んでおり、「熊本地震からの復興の旗印にしたい」との思いも込められている。


スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

ページ上部へ戻る