熊本駅白川口からの仮通路が100メートル長く  旧駅舎解体で20日から変更 | くまニッチ

熊本駅白川口からの仮通路が100メートル長く  旧駅舎解体で20日から変更

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサードリンク

旧駅舎の解体工事に伴って20日から、JR熊本駅の新駅舎と白川口(東口)駅前広場をつなぐ連絡通路やタクシーの降車場などが一時変更されます。仮通路は約100メートル長くなるため、時間に余裕を持った移動が必要になりそうです。
熊本駅正面
熊本駅では3月に在来線の高架化が完了し、4月から旧駅舎の解体工事が進行中。利用者の安全性を確保するため、現在の通路を南側に迂回[うかい]させる。タクシー降車場、一般車や障害者の乗降場もそれぞれ5~40メートル移動する。
2021年春の駅ビル開業に合わせ、整備する駅前広場の工事も秋ごろ始まる予定。今後も工事の進み具合に応じて、乗降場や通路の場所が変わる予定です。

熊本駅の高架化が完成、在来線ホームは一箇所に 肥後よかモン市場もオープン

https://kuma-niche.com/ivent/sightseing/segodongo/

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る