運休していた「鉄道史に残る車両」熊本市電の超低床1号車が2019年夏に復活へ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサードリンク

超低床電車として日本で最初に登場した後、故障のため運休が続いていた熊本市電の9700形1号車(1編成2両)が、来年夏の運行再開を目指すことになりました。

1号車は1997年に導入されました。電気系統の故障を知らせる表示が出るようになったため、2012年から運休していました。車両基地で眠ったままとなっていましたが、部品を国産に交換していけば運行再開できことがわかりました。

熊本市交通局の上熊本車庫で2012年から保管されている9700形1号車

熊本市交通局の上熊本車庫で2012年から保管されている9700形1号車=熊本市西区

熊本市電の超低床1号車 2019年夏に復活へ 「鉄道史に残る車両」(熊本日日新聞)

超低床電車として日本で最初に登場した後、故障のため運休が続いていた熊本市電の9700形1号車(1編成2両)が、来年夏の運行再開を目指すことになった。市交通局は「鉄道史に残る車両。利用者の要望もあり、長く走らせたい」と話している。


スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る