熊本市の隠れた花の名所5選、各区の市役所担当職員が紹介 熊本城の“名所”行幸坂は4日間限定開放

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「白川河川敷の桜並木」中央区水道町など)

割と良く知られているスポットです。街中に出たついでに花見できますね。25日には明午橋~大甲橋間の左岸で「お花見マルシェ」が開かれるそうです。

白川河川敷に咲く桜

白川河川敷に咲く桜=模型センター日教社提供

「小山諏訪神社」東区小山)

10年ほど前に、小山諏訪神社周辺に地元住民がソメイヨシノ130本植樹したそうです。

「万日山緑地公園」西区春日)

熊本駅近くの万日山。中腹に植樹された500本以上のソメイヨシノやヤマザクラが見事とのこと。

「レンゲ畑」南区海路口町)

こちらはサクラでなくてレンゲ。最近では珍しくなったレンゲ畑が広がるそうです。4月22日には「れんげ祭り」が予定されています。

「笹尾のしだれ桜」北区植木町)

1987年に植えられたという樹齢130年のしだれ桜。近くには、西南戦争の戦跡などがあるそうです。

隠れた花の名所、楽しんで 熊本市の地域担当職員お薦め(熊本日日新聞)

桜も開花し、花見を楽しめる季節がやってきた。地域を良く知る熊本市の地域担当職員に、隠れた花の名所を紹介してもらった。

熊本城の行幸坂を4日間限定で開放!

熊本地震以前は、熊本城は花見の定番でした。4日間限定ですが、熊本城の桜を楽しめます。実は、このサイトのトップ写真も地震の前に熊本城近くで花見をしたときのものです。

熊本城花見地図

行幸坂の桜楽しんで! 4日間限定で開放(熊本日日新聞)

熊本市は、お花見の時期に合わせ、熊本地震で立ち入り禁止区域としている熊本城の桜の“名所”行幸坂を、4日間限定で開放する。歩いての観覧のみで、敷物などを使った宴席は禁止とする。

一般に部分開放された熊本城の桜の名所「行幸坂」

一般に部分開放された熊本城の桜の名所「行幸坂」=24日午前、熊本市

地震被災の熊本城、桜の名所開放 規制区域で週末4日間(共同通信)

熊本市は24日、2016年4月の熊本地震で被災し、立ち入り規制が続く熊本城の桜の名所「行幸坂」を、桜の開花に合わせて一般に部分開放した。この日と25日、31日と4月1日の計4日間の週末のみ開放予定。気象庁によると市内では17日に開花し、満開も近づいている。


スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

ページ上部へ戻る