2018年春のダイヤ改正で平日の片道1本になってしまった特急有明の1990年ごろの懐かしい写真

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサードリンク

かつては九州を代表する特急だった有明

2018年春のダイヤ改正で、特急有明は平日の上り1本だけという定期特急としては、おそらく全国的にも最低の扱いになってしましました。

かつては、九州を代表する福岡・熊本・鹿児島を結ぶ特急列車でしたが、九州新幹線の開通とともに役目を終えました。

特急有明が誕生したのは、1967年の10月。その翌年、国鉄の「ヨン・サン・トオ」(43年10月の意味)と呼ばれるダイヤの大改正がありました。その時の時刻表によると、有明はまだ片道1本しかありません。

当時は、列車名に1号、2号…というような複数の番号がついている方が珍しく、多彩な列車名が時刻表を飾っていました。1968年10月の特急有明のダイヤは次の通りでした。

特急有明のかつてのマーク

特急有明のかつてのマーク

上り 西鹿児島16:55→ 熊本20:11→ 博多21:49→ 門司港22:54

下り 門司港7:00→ 博多8:06→ 熊本9:46→ 西鹿児島13:12

1990年ごろ国鉄色から赤色に塗り替えるころの有明

熊本駅の高架化でなくなった0番ホームの記事で協力していただいた、熊本の鉄道愛好家団体、有明会メンバーの友人Tさんから、1990年ごろの有明の写真をお借りすることができました。

薩摩高城駅で国鉄色と赤い有明の行き合い

薩摩高城駅で国鉄色と赤い有明の行き合い。

上田浦と肥後田浦間を走る485系

上田浦と肥後田浦間を走る485系

上田浦と肥後田浦間を走る485系

上田浦と肥後田浦間を走る485系

上田浦と肥後田浦間を走る有明

上田浦と肥後田浦間を走る有明

上田浦と肥後田浦間を走る赤い有明のボンネット型

上田浦と肥後田浦間を走る赤い有明のボンネット型

上田浦と肥後田浦間を走る有明

上田浦と肥後田浦間を走る有明

日奈久駅を通過する有明

日奈久駅を通過する有明

2000年代の有明の写真

大河ドラマで「武蔵」があっていたころのラッピング列車の写真です。ドラマのほ放映は2003年でした。

木葉と肥後伊倉間を走る武蔵ラッピング列車

木葉と肥後伊倉間を走る武蔵ラッピング列車

もう一枚は、2011年1月、九州新幹線が開通する前に撮影した有明です。

崇城大と西里間を走る787系

崇城大学前と西里間を走る787系

 

2018年春、ほぼ廃止されたJRの特急「有明」の長洲発着列車に乗ってみた記録


スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る