「天草のラピュタ」天草市の西平椿公園のアコウの木が、阿蘇市の「ラピュタの道」と並ぶ新名所に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサードリンク

阿蘇の「ラピュタの道」に続く新たな名所登場

天草市天草町の西平[にしびら]椿公園に自生するアコウの木が「天草のラピュタ」として話題を集めています。巨大な岩石を包み込むように根を張る様子が宮崎駿監督のアニメ映画「天空の城ラピュタ」の世界を連想させると、SNSで拡散されているそうです。

アコウは高さ約20メートルほど。その下の6メートル四方ほどの岩石は水晶の微粒子を含み、一部はきらきらと光って見えるそうです。

熊本県内では阿蘇市にある「ラピュタの道」が有名ですが、残念ながら熊本地震の影響で立ち入りが難しくなっています。

巨大な岩石を包むようにそびえるアコウの木

巨大な岩石を包むようにそびえるアコウの木=天草市

西平椿公園は、天草市河浦町の崎津集落から下田温泉方面へ車で20分ほど。アコウは公園展望所からツバキ自生地へ下って数分の所にあります。

熊本市内から、距離120キロ、乗用車で約3時間かかります。天草空港からは約45キロ1時間15分ほどです。

西平椿公園については、熊本のキュレーションメディアが詳しく紹介しています。駐車場も十分にあるようですね。

【熊本県天草市「西平椿公園展望所」大海原感とゴツゴツ感の展望公園】

アコウの木とは

アコウはクワ科の常緑樹で、大きなものは高さ20メートルに達します。海岸線で見かけるアコウは、ガジュマルにも似た枝と葉が南国の雰囲気を漂わせています。イチジクのような実をつけ、幹や枝からは独特の気根を出します。九州では佐賀県が自生の北限とされています。

同じ天草地区である、上天草市姫戸町姫浦の永目神社の境内には、ご神木として祭られているアコウがあります。高さ約15メートル、幹回り約11メートルの巨木です。環境省の調査によると、全国でも3番目の大きさです。

永目神社のアコウの木

上天草市HPより

天草観光は「まとめて」がお勧め

天草地方には魅力的な観光スポットがたくさんあります。ただ、高規格道路の整備が進んで以前よりは道路事情が良くなったとはいえ、熊本市から天草市中心部(旧本渡市)まで車で2時間近くかかります。牛深までだと3時間近くです。

日帰りの旅行を予定しているなら、観光スポットを厳選した方が良いでしょう。できれば、泊りがけのプランで天草の新鮮な海の幸と温泉を堪能することをお勧めします。

「天草のラピュタ」がある西平椿公園からは、世界文化遺産に登録される崎津地区や歴史ある下田温泉も近いので、一緒に訪ねてみてはいかがでしょうか。

「天草」が宿泊満足1位に じゃらん九州・山口人気観光地ランキング2018

「ラピュタの道」阿蘇市が廃止を検討 復旧費の100億円超は重荷

熊本地震で通行止めの「ラピュタの道」、山のふもと側が2018度内にも復旧へ

天草の奇岩「おっぱい岩」の秘密を探る「くまきゅー」さんの取材に同行

「あまくさ丼丼フェア」始まる 34店が地元食材で48種の自慢の味提供


スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る