【2023年5月第2週から第3週】熊本大、黒髪南地区に半導体研究の新施設 八代市の女性切り付け、殺人未遂容疑で知人の男を逮捕

スポンサードリンク

熊本大、黒髪南地区に半導体研究の新施設

 熊本大は、半導体関連の研究を九州大など他大学や企業と共同で進めるオープンイノベーション型の研究施設を新設します。

大学

 熊本大によると、新施設は「DXイノベーションラボラトリー」(仮称)。熊本市中央区の黒髪南キャンパスに5階建ての新施設(延べ床面積約3千平方メートル)を建設する。完成時期などは未定。1階に学生の起業などを支援するスペースやコワーキングルームを整備。2~4階に共同研究施設、5階に半導体製造に必要なクリーンルームを設けることを想定している。九州各県からアクセスしやすい立地を生かし、半導体の周辺技術の開発や基盤技術の高度化、実用化などに向けた共同研究に取り組む。(2023年5月13日付 熊本日日新聞)

八代市の女性切り付け、殺人未遂容疑で知人の男を逮捕

 熊本県八代市で10日、女性が切り付けられ負傷した事件で17日、警察が殺人未遂の疑いで、鹿児島県鹿屋市、無職の男(49)を逮捕しました。警察によると、「切り付けたことに間違いない」と供述しています。

警察署

 逮捕容疑は10日午後5時15分ごろ、八代市植柳元町の球磨川遊歩道で、鹿児島県屋久島町の舞踊家の知人女性(45)を殺害しようと企て、なたのような刃物で頭などを数回切り付けた疑い。女性は重傷。男はその場から逃走していた。署によると、男は女性ともう1人の知人男性の3人で八代市を訪れていたとみられる。署は男を指名手配し、行方を捜査。17日朝、鹿屋市の住民から男の目撃情報が寄せられ、捜査員が同日夕、自宅にいたところを逮捕した。(2023年5月18日付 熊本日日新聞)

熊本県営八代野球場で屋根の柱にさび えがお健康スタジアムは入場ゲートの天井板を撤去

 熊本県は18日、えがお健康スタジアムでの天井板の落下事故を受け、県有運動施設を緊急点検した結果、県営八代野球場の屋根を支える柱でさびが見つかったと明らかにしました。

ドーム

 安全性に問題がないか詳しい調査をする方針。指定管理者の県スポーツ振興事業団・ミズノグループは、調査が終わるまで屋根の下にある座席162席を立ち入り禁止にした。県はリブワーク藤崎台球場や県立総合体育館(いずれも熊本市)など、ほかの施設は異常がなかったとしている。また、県立学校を含む約170の県有施設の管理者に、天井や壁の落下の可能性を目視で点検するよう要請したという。(2023年5月19日付 熊本日日新聞)


スポンサードリンク

運営管理者数多(かずた)

投稿者プロフィール

このサイト「くまニッチ」を立ち上げ、運営・管理しています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る