歩いて渡れる貴重なチャンス

5月20日に上天草市大矢野町と宇城市三角町をつなぐ、大矢野バイパスが開通します。それと同時に「新天草1号橋」も通れるようになります。この橋は自動車専用道路のため、歩行者や自転車は通ることができません。おそらく歩いて渡る最初で最後のチャンスとなる、ウォーキング大会に参加してみました。

ウォーキング大会は、JR九州が主催する「JR九州ウォーキング」のコースの一つです。無料でしかも事前の申し込みも不要なので気軽に参加することができます。

天草新1号橋

コース三角駅スタート→新天草1号橋→旧三角郡役所、裁判所→三角西港遊歩道→三角西港→サンサンうきっ子みすみ→三角駅ゴール

開催日5月13日

距離約11.5キロ

所要時間約3時間

スタート受け付け8:30~11:00

ゴール受け付け15:00まで

問い合わせ:熊本鉄道事業部 096-326-6968

残念なことに天気は雨

熊本駅から三角行きの7時台の列車に乗ると、ウォーキング大会に参加する人たちで2両の列車はぎゅうぎゅう詰めの満員とまでいかないもののたくさんの人が乗っていました。

三角駅に到着すると、8時半からの受け付けをする人の行列ができていました。なんとか持ちこたえていた天気も崩れてきました。

三角駅

新しい橋に向かって登っていきます。

登り口

いよいよ新しい橋が見えてきました。

橋が見えてきた

橋の上は傘差し禁止です。無料でレインコートを貸し出していました。

レインコート貸出

左手には、古い橋も見えます。

新旧の橋

橋を渡りきったら折返しです。

折返し

振り返ると、旧橋が。

旧橋を望む

三角側の国道57号線からの出入り口です。ここが渋滞しそうな予感が…

出口

天気予報で雨になることはわかっていたので、少しばかり行くかどうか悩みました。でもやはり行って良かったです。

1号橋が開通しただけでは、天草地域の渋滞の根本的な解決にはならないので、早く全線開通する日を待ちたいです。

三角西港の旧三角海運倉庫に、新たなレストラン「西港明治館」がオープン

熊本駅が2018年3月から完全高架化 今しか歩けない高架の上を歩いてきた

大矢野バイパスが開通、新天草1号橋の名前は「天城橋」に決まる


スポンサードリンク