林道菊池人吉線工事、残り18キロを残して中止 工費膨らんで熊本県が方針

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサードリンク

熊本県が菊池市と人吉市を結ぶ大規模林道「菊池人吉線」(全長104キロ)について、八代市と山都町間の未着工区間約18キロを残して事業を中止する方針を決めました。険しい九州山地を通るルートのため、トンネル整備などで事業費がかさんで、費用対効果が得られないと判断されました。

道路

菊池人吉線は1975年に着工し、部分的に既存の国県道を利用し、菊池大津(18・4キロ)、大津(4キロ)、西原御船(8・6キロ)、矢部泉(27・9キロ)、泉五木(17・1キロ)、五木相良(28・3キロ)の6区間を南北に整備する計画で、矢部泉区間以外は完成しています。

菊池市と人吉市を結ぶような壮大な道路があったかなと思ったのですが、既存道路を林道とみなす区間もあるのですね。


スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る