新しい熊本市民病院が東町に移転し完成 開院は2019年10月

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサードリンク

熊本地震で被災し、移転再建中だった東町の熊本市民病院が完成しました。新しい病院は10月1日に開院し、7日に外来診療を始めます。

完成間近の新しい熊本市民病院

完成間近の新しい熊本市民病院

場所は熊本県庁の方から、第二空港線へと向かう東町の道路沿いです。前を通るたびに工事が進んでいるのが目に入っていました。

新病院は鉄骨造り7階建て、延べ床面積約3万6千平方メートルで、地震前の病院より約3千平方メートル広くなった。総事業費は約232億6千万円。診療科は3科減って31科、病床数は3割減の388。(中略)現在の市民病院は新生児集中治療室(NICU)など24床と外来診療を続けている。9月27日に外来診療を終え、入院患者は10月1日に新病院へ移る予定。(2019年7月2日付熊本日日新聞)


スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る