【5月第2週】KMバイオ、不活化ワクチンの最終治験開始 秀岳館高で暴行被害の生徒が転校へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサードリンク

 2022年5月第2週の熊本では、KMバイオロジクスが、開発中の新型コロナウイルスの不活化ワクチンの最終治験を始めたと発表しました。秀岳館高男子サッカー部に入部予定だった当時中学3年の男子生徒が上級生に暴行され、入学辞退で転校できなくなっていた問題で、転校できることになったと報じられました。

KMバイオ、不活化ワクチンの最終治験スタート

 KMバイオロジクスが、開発中の新型コロナウイルスの不活化ワクチンについて、未接種の40歳以下の成人向けで最終の第3相治験を4月30日に始めたと発表しました。

ワクチン

 最終治験は2023年11月までの予定。緊急時に治験終了前の薬事承認を可能とする「緊急承認」制度の導入を念頭に、9月の承認申請と22年度内の供給開始を目指している。6カ月以上18歳未満の小児用は第2/3相治験を4月28日に始めた。年内に承認申請し、年度内に供給を始める計画。(2022年5月10日付 熊本日日新聞)

秀岳館高の寮で暴行被害の生徒が転校へ

 八代市の秀岳館高男子サッカー部の練習に入学前から参加していた当時中学3年の男子生徒が上級生に暴行され、入学辞退に追い込まれた問題で、秀岳館高が生徒の入学をいったん認める方針を固めたと熊本日日新聞が報じました。入学した後、他校への転学手続きを進めるということです。

学生

 この生徒は入学が認められていなかったため、転校できない状態が1カ月以上も続いていました。ネット上などでも、心配する声があがっていました。無事に進学できてよかったです。

 生徒は県外出身で、スポーツ推薦で秀岳館高に入学予定だった。しかし、入学前の3月、サッカー部の寮に入って数日後、食堂で配膳中に2年生(現3年生)の1人から「調子に乗るな」と言われ、後頭部と背中を殴られた。保護者が八代署に被害届を提出して、4月に受理された。しかし、生徒は一連の騒動で、入学式前の4月4日に入学辞退届を提出せざるを得ない状況に追い込まれた。(2022年5月13日付 熊本日日新聞)

サントリーの工場見学ツアーが約2年ぶり再開

新型コロナの影響で休止が続いていた熊本県嘉島町にあるサントリーの工場の見学ツアーが約2年ぶりに再開されました。

ビール工場

 熊本県嘉島町にあるサントリー九州熊本工場ではビールや清涼飲料水の製造工程が見学できるツアーに年間およそ8万人が訪れていましたが、新型コロナの影響でおととし3月から休止されていました。13日は1回の見学人数を12人までとするなど感染対策を徹底したうえで2年2か月ぶりにツアーが再開され、事前に予約をした人たちが工場を訪れました。(2022年5月13日 NHK)

 見学ツアーは事前予約制で1日に72人まで受け入れるそうです。一度だけ行ったことがあって、その時はビールを飲ませていただいたと思います。機会を見つけて再び行ってみたいです。

熊本ヴォルターズ B1昇格ならず

バスケットボールB2の熊本ヴォルターズは14日、B1昇格をかけてプレーオフ準決勝の第2戦に臨みましたが、名古屋に敗れ、B1昇格はなりませんでした。

バスケット

  13日の準決勝、第1戦で名古屋に競り負けたヴォルターズは、14日は負けられない試合でしたが、13日とあわせて2敗となりました。


スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2022年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る