地鶏のももやき専門店「とり國」 炭火の香ばしさと肉汁のうまみを堪能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
とり國入口

スポンサードリンク

宮崎県の特産品といえば、地鶏が有名です。特に、お腹が空いている時には、炭火焼の香ばしい匂いには食欲をそそられます。

「とり國」熊本にいながら、本格的な美味しい地鶏が食べられるお店です。人気店なので、事前に予約してから行くことをお勧めします。

場所はドンキホーテの前、水戸黄門の上

お店の場所は西銀座通りにあるドンキホーテの前。1階に「水戸黄門」というお店があって、あの有名な「人生楽ありゃ苦もあるさ〜」の歌(曲名:あゝ人生に涙あり)が常にかかっています。

水戸黄門

この看板の前を通って奥に進みます。

看板

突き当たりの階段を登って奥の方に入り口があります。

とり國入口

居酒屋と思って入店して、色々注文する人がいたのか、「もも焼き専門店」であることを強調する張り紙が入り口にあります。

専門店の案内

カウンター席の向こうが調理場。

カウンター

テーブル席はこんな感じになっています。テーブル席

メインのもも焼きを「骨付き」「骨抜き」「ばらし」で

メニュー表紙

専門店らしく、メニューはシンプルです。メインのもも塩焼きには、「骨付き」「骨抜き」「ばらし」の3種類があります。

メニュー

メニュー

メニュー

ごまだれがかかった、突き出しのきゅうりも美味しいです。

突き出しのきゅうり

まずは骨付き。もも焼き本来の形です。

骨付き

骨抜き。骨を外してステーキ状の形にしています。

骨抜き

ばらし。一口大にカットした形です。

バラシ

お店の方から「骨付きと骨抜きは、切りながら食べてください」と言われました。先に切ってしまうと、肉汁の旨味が出てしまい、ばらしと同じになってしまうそうです。

メニューに3種類あるのは、食べ易さを選ぶか旨味を選ぶかということのようです。

骨付きと骨抜きについては、お店の方が「この部分が一番美味しいんですよ」と指差してくれました。食べる前に教えてもらうと良いですよ。

いくら美味しくても同じ味ばかりでは飽きるので、タタキも注文しました。

たたき

手羽焼きも。

手羽

専門店だけあって、もも焼きはとても美味しかったです。リピートしたくなりました。特にビールが合います。

メニューは少ないので、長時間粘るタイプのお店ではないようです。個人的には、1軒目に訪れて堪能したいですね。

営業時間など

住所:〒860-0803 熊本県熊本市中央区新市街3−2

営業時間:17:30〜23:00

店休日:日曜日

電話:096ー355ー0229


スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る