新しい熊本駅舎が完成 外壁は熊本城の石垣「武者返し」をイメージ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサードリンク

連続立体交差事業は全て完了

JR熊本駅の在来線の新駅舎が2019年3月16日完成し、熊本駅周辺の在来線を高架化する県の連続立体交差事業は全て完了しました。

熊本駅の新幹線ホーム

写真は熊本駅の新幹線ホーム

新しい駅舎には幅240メートル、高さ最大12メートルのグレーの外壁を設置。建築家の安藤忠雄さんの設計で、熊本城の石垣「武者返し」をイメージしています。

今後、熊本駅ではJR九州が商業施設やホテルが入る駅ビルの建設に近く着手し、21年春に開業予定です。

熊本駅東口に駐車場、立体530台収容

熊本市の熊本駅白川口(東口)に530台収容の立体駐車場が2月1日開業しました。

基本料金は30分100円で、長時間の利用は72時間まで24時間ごとに800円。九州新幹線や特急、駅構内の商業施設を利用した場合は割引がある。

2020年春には新幹線口(西口)に約800台、2021年春に開業する駅ビルにも約800台の立体駐車場を整備する計画で、現在、西口にある立体駐車場(600台)は今年4月から解体します。

熊本駅の高架下施設の「よかモン市場」が開業1年 人気ラーメン店「天外天」など60店


スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る