ONE PIECEの「ルフィ像」熊本県庁前のプロムナードに登場 撮影を待つ家族連れが行列

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサードリンク

銀杏並木に映える黄金のルフィ像

人気漫画「ONE PIECE(ワンピース)」の主人公ルフィの等身大立像が11月30日、熊本県庁プロムナードに登場しました。最初の休みとなった12月1日土曜日は、家族連れが詰めかけ、像と一緒に写真撮影していました。

紅葉まっさかりの銀杏並木に、黄金のルフィ像が映えていました。

ルフィ像1

立像はブロンズ製で174センチ。熊本市出身の作者尾田栄一郎氏が細部までデザインを監修し、トレードマークの麦わら帽子をかぶり、海賊マント、半ズボン、サンダル姿。30センチの台座の上に笑顔で立っています。熊本地震の復興支援で多額の寄付をした尾田氏の県民栄誉賞を記念して、熊本県が建設しました。

ルフィ像2

ルフイ像と一緒に写真を写そうと、順番待ちの行列ができていました。自前の麦わら帽子を用意している人もたくさんいました。

行列待ち

後ろから見るとこんな感じになります。

ルフィ像後ろから

この日は駐車場は無料開放

気になる駐車場は、最初の休日とあって無料開放されていました。本来は熊本県庁に用事がないと駐めることはできないのですが、多数の来場者を予想して配慮されたようです。今後も無料開放されるかどうかは、県庁に問い合わせた方が無難です。

残り8体の「麦わらの一味」どこに設置されるのか

熊本県はルフィの他にも、「麦わらの一味」と呼ばれる仲間の8体の像を県内に設置予定です。計31市町村から応募があっているそうです。

 


スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る