人吉市の「新温泉」で、つげ義春の漫画の世界観をテッテ的に満喫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサードリンク

熊本県人吉市に古いのに「新温泉」(しんおんせん)という名前の公衆温泉があります。人吉市内の中心部にあり、人吉駅から徒歩でも10分程度で行くことができます。

地方のひなびた温泉といえば、「ゲンセンカン主人」「ねじ式」などの漫画で知られるつげ義春さんです。決して新温泉がひなびた場所にあるのではないですが、レトロな雰囲気満載で、作品の世界観にひたることができます。

以前、つげ作品「やなぎ屋主人」「海辺の叙景」「庶民御宿」「西部田村事件」などのモデルとなった千葉の房総半島を旅したこともあります。いかんせん、つげ作品の聖地巡礼は東京より東の地域が多いため、九州の住民にとっては聖地巡礼が難しいものです。今回は、身近な人吉市で手軽に楽しめました。

 

新温泉看板

人吉市中心部を走る国道445号線から、少しだけ脇道に入ったところに新温泉はあります。この建物のつくりなど、つげ作品を彷彿とさせませんか?

入り口への路地

看板の手前から奥に入ったところに、数台分の駐車場もありました。

新温泉全景

男湯の入り口です。

正面

本物の「番台」を見る機会もなかなかないですね。

番台

入浴料金は大人300円と安いです。

入浴料

脱衣場にさりげなく置かれた、マッサージチェアや体重計などの

脱衣場

健康機器

まるで、ゲンセンカンの女将さんが出てきそうな湯船です。ギョギョ!

お風呂

温泉の効能が張り出してありました。

効能

 


スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る