夏休みの風物詩「ラジオ体操」離れが進んでいます その理由は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

子どものころの夏休みのといえば、朝6時半のラジオ体操からスタート。皆勤賞を目指して毎朝早起きを頑張ったものでした。

そんな風景が、変わりつつあります。熊本市では、夏休み前半と後半の1週間程度の短縮実施が主流になっていて、開催を取りやめたケースもあるそうです。「ラジオ体操離れ」の背景には、お世話役を担う保護者の事情や、治安への不安があるとか。

ラジオ体操

夏休み後半のラジオ体操が始まり、元気に体操をする子どもたち=21日、熊本市東区

ラジオ体操離れ進む 保護者負担、治安に不安(熊本日日新聞)

スタンプカードを首から下げて、印鑑を毎日押してもらって、ラジオ体操が終わったら一日何をして遊ぼうか…そんな夏休みの思い出は、いまや過去のものになっているのですね。


スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

ページ上部へ戻る