展示の飛行艇「新明和PS-1」が 老朽化で解体へ 上天草市の天草パールセンター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

熊本県上天草市松島町の天草パールセンターに屋外展示されている飛行艇「新明和PS-1」を、所有する海上自衛隊が本年度中に解体・撤去することになりました。老朽化が進んでいて、熊本地震で機体が傾くなど、安全面の不安が大きくなっていたためです。

新明和PS-1

天草パールセンターに展示されている飛行艇「新明和PS-1」。本年度中に解体・撤去される=上天草市

展示の飛行艇“退役” 老朽化で解体へ 上天草市(熊本日日新聞)

この飛行機は、1967年初飛行の同機は4発プロペラ機。波高3メートルの荒れた海に着水できる能力や短距離で離着水する能力を持ち、着水した状態でソナー(水中聴音機)を使って潜水艦を捜す対潜哨戒機として運用されました。

少し前に、パールセンターに観光に行った時に、こんな所になぜ飛行機があるのかとびっくりしたのですが、こんな事情があるとは知りませんでした。


スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

ページ上部へ戻る