山都町白小野の国道218号沿いにパトカーの写真を使った交通安全看板が登場しました。パトカーの写真を使った看板は県内で初めてということです。

看板は縦、横とも1・8メートルで、署のパトカーを撮影した写真を使用しています。夜間は太陽光発電で赤色灯が点滅し、特殊な塗料の効果で車のライトが当たると写真が浮かび上がります。

国道218号沿いに設置されたパトカーの写真を使った交通安全看板

国道218号沿いに設置されたパトカーの写真を使った交通安全看板=山都町

 

パトカー看板、24時間警戒中 山都町の国道218号(熊本日日新聞)

ドライバーに交通安全意識を高めてもらおうと、山都町白小野の国道218号沿いにパトカーの写真を使った交通安全看板が10日、お目見えした。山都署によると、パトカーの写真を使った看板は県内で初めてという。


スポンサードリンク