八代市営ボートハウスを解体、「道の駅坂本」に川遊びの拠点新設へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサードリンク

八代市が、休館中の市営ボートハウスを解体し、約3キロ下流の「道の駅坂本」敷地内に川遊びの拠点施設を新設することになりました。

新施設はカヤックの倉庫やシャワー室、休憩スペースなどを整備する予定です。

荒瀬ダムの撤去に伴い、解体方針が示された市営ボートハウス

荒瀬ダムの撤去に伴い、解体方針が示された市営ボートハウス=八代市

 

道の駅坂本に川遊び拠点 ダム撤去で八代市方針 カヤック倉庫など新設(熊本日日新聞)

球磨川の県営荒瀬ダム(八代市坂本町)撤去に伴う地域対策協議会地域づくり部会の最終会合が13日夜、市坂本支所であり、市は休館中の市営ボートハウスを解体し、約3キロ下流の「道の駅坂本」敷地内に川遊びの拠点施設を新設する方針を明らかにした。

撤去工事が終わった荒瀬ダム 名物の「荒瀬ダムカレー」も撤去されたのか?


スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る