来年のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺[ばなし]~」の熊本ロケが2~10日、熊本県内各地でありました。

主人公金栗四三の地元、玉名市も舞台になり、菊池川沿いの史跡「高瀬船着場跡」に大掛かりなセットが組まれ、水上交易で栄えた河港のにぎわいが再現されました。

撮影の合間に懇談した中村勘九郎さん(左)と「走れ二十五万キロ」の著者長谷川孝道さん

撮影の合間に懇談した中村勘九郎さん(左)と「走れ二十五万キロ」の著者長谷川孝道さん=6日、玉名市


スポンサードリンク