全国初の本格的な撤去工事が行われた県営荒瀬ダム(八代市坂本町)の撤去完了式典が27日、市坂本コミュニティセンターで開かれ、63年の歴史に幕を下ろしました。

荒瀬ダムは県南地域の電力不足を補うため県が1955年に建設した水力発電ダムで、発電量は一時、県内電力需要の約16%を担うほどでした。

全国にたくさんのダムがありますが、壊すのは荒瀬ダムが初めてとあって注目を集めました。球磨川のアユに影響がでないよう慎重に工事を進めたため、6年もかかりました。

荒瀬ダムの撤去完了と展望スペース完成を祝い、テープカットする関係者ら

荒瀬ダムの撤去完了と展望スペース完成を祝い、テープカットする関係者ら=27日、八代市坂本町(上杉勇太)

荒瀬ダム、63年の歴史に幕 撤去完了で記念式典(熊本日日新聞)

全国初の本格的な撤去工事が行われた県営荒瀬ダム(八代市坂本町)の撤去完了式典が27日、市坂本コミュニティセンターであった。戦後復興を支えた一方、球磨川の環境悪化を招いた同ダムは、63年の歴史に幕を下ろした。

撤去工事がほぼ終わった荒瀬ダム 名物の「ダムカレー」も撤去されたのか?


スポンサードリンク