熊本市で地価が一番高い住宅地は新屋敷の18万円 商業地は下通りの195万円 2018年7月

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサードリンク

熊本県の基準地価が23年ぶりに上昇

熊本県が発表した2018年7月1日時点の熊本県内の基準地価によると、23年ぶりに上昇に転じました。熊本地震からの復興が進んで、住宅地が持ち直したそうです。

全国でもバブル以来となる27年ぶりに上昇に転じていて、景気回復が背景にあるようです。

住宅街

イメージ通りの高級住宅地

熊本市中心部のすぐ近くにありながら、落ち着いた町並みの新屋敷地区。イメージの通りの高級住宅街です。最も高かったのが新屋敷1の10の23で、1平方メートルあたり18万円でした。

商業地はやはり下通りが高い

商業地では下通り1の3の7が、1平方メートルあたり195万円で、全体でも1位でした。場所はCOCOSAのあたりです。

自分が住んでいるところの地価は?

上を見ればキリがないですが、自分が住んでいるところの地価はどれくらいか知りたいと思ったことはないですか?熊本県が地価マップを公開しています。この地図を見るとおおよその検討がつきます。

 


スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る