ジョニー・デップが熊本に来るかも!? 水俣病を扱った新作「ミナマタ」で実在の写真家演じる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサードリンク

米俳優ジョニー・デップが、水俣病の問題を扱った新作『ミナマタ(原題) / Minamata』で、実在の写真家ウィリアム・ユージン・スミスさん役に挑戦するとDeadlineなどが報じました。

海賊

第2次世界大戦中にサイパン、沖縄、硫黄島で活動した写真家ウィリアム・ユージン・スミスさんが、1970年代にライフ誌の編集長ラルフ・グレイヴスの依頼でチッソが引き起こした水俣病の取材をし、その実態を暴いた経緯を描きます。

ウィリアムさんと妻アイリーン・美緒子・スミスさんが共同で執筆した「ミナマタ(原題) / Minamata」を基に、ハンウェイ・フィルムズが映画化する予定です。監督は『最低で最高のサリー』で製作総指揮を務めたアンドリュー・レヴィタスです。

2019年1月から日本で撮影に入り、その後セルビアで撮影することになっているそうで、もしかしたらジョニー・デップが熊本に来るかも!?

 


スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る