熊本バス中央営業所の車庫に1台だけ残っているK-MP118K(三菱ふそう製)というバスが、バスマニアの注目を集めています。両端が垂れ下がったヘッドライト下のデザイン(顔立ち)が似ていることから「ブルドッグ」の愛称で知られています。

1980年代に全国の路線バスで導入され、老朽化により最近ではほとんどが姿を消しています。珍しさから、SNSで情報集したファンが県外からカメラを手に訪れているそうです。

ブルドッグ

丸みを帯びたレトロな車体が人気の「ブルドッグ」。整備と運転を長年担当する荒木新哉さんも誇らしげだ=熊本市東区

熊本バスの愛称「ブルドッグ」 全国の愛好家から人気(熊本日日新聞)

熊本バス中央営業所(熊本市東区画図町)の車庫を目指し、全国からカメラ片手のバスファンが訪れている。お目当ては1980年代に活躍し、「ブルドッグ」の愛称で親しまれている大型バス。イベントへの“出演オファー”も舞い込むなど、じわじわと人気を集めている。


スポンサードリンク