「リードレスペースメーカー」という新型の心臓ペースメーカーが9月から保険適用され、4日に熊本大病院で九州初の手術がありました。新型は従来品にあるリード線がなく、大きさも10分の1で合併症のリスクが減るほか、足の血管から細い管を通すカテーテルで手術でき、患者の負担が減るということです。心臓病の方には朗報ですね。

新型ペースメーカー

新型ペースメーカー 切開不要、心臓を直接刺激(熊本日日新聞)

従来品に比べて大きさが10分の1になった新型の心臓ペースメーカーが9月から保険適用され、4日に熊本大病院で九州初の手術があった。新型は従来品にあるリード線がなく合併症のリスクが減るほか、足の血管から細い管を通すカテーテルで手術でき、患者の負担が減るという。


スポンサードリンク