熊本大大学院生命科学研究部の大塚雅巳教授と同大薬学部付属創薬研究センターの藤田美歌子准教授らの研究グループが、エイズの完治につながる可能性のある新たな手法を開発しました。感染者の体内で生き残っているエイズウイルス(HIV)を、ウイルスが潜伏する細胞ごと殺す仕組みです。

エイズ完治へ新手法 熊本大開発 細胞ごとウイルス除去(熊本日日新聞)


スポンサードリンク